Line

ダーツ用語(サ)1


サンドバッキング・・・トーナメントや大会などで真の実力よりも低いレーティングを提出する行為で、参加資格はく奪などの対象になります。

6(シックス)カウント・・・クリケットゲームで1ラウンドに6マークすることをいいます。

シャフト・・・ダーツのパーツの一部で、バレルとフライトをつなぐ部分です。形状、材質、長さなど様々な種類があり、自分の好みに応じてカスタムすることも可能です。長さ、重さ、などによりダーツの飛び方に影響します。

シャンハイ・・・同じエリアのシングル、ダブル、トリプルにダーツを入れることをいいます。

シングルブル・・・アウターブルとも呼ばれますが、ダーツボードの中心にある二重の円(ブル)の外側の部分で、ソフトダーツではゲームの種類にもよりますが基本的に50点です。クリケットではシングルマークとなります。

スタッツ・・・ゲーム成績のことで、ゲーム間の1ラウンドごとのアベレージや1投のアベレージをいいます。ゲーム終了後、画面に表示されます。スタッツを元にレティングを算出し、フライトが決まります。

スタンス・・・ダーツを投げるときの足の位置をいいます。ダーツボードに向かって、正面(オープンスタンス)、側面(クローズドスタンス)、その中間斜め(ミドルスタンス)といいます。立ち方も様々ですが、無理のない姿勢で、ブレのないスタンスがよいとされています。

スタンダードクリケット・・・通常のクリケットゲームの事です。

スティールティップダーツ・・・ダーツの先端が金属でできているダーツのことです。ハードダーツともいい、ボードは麻でできたハードボードを使います。

スパイダー・・・ダーツボードの得点エリアを分割しているラインのことです。

スペクトラム・・・アメリカのメダリスト社製ダーツマシーンの名称です。

スリーインザブラック・・・1ラウンドで3本ともインナーブル(ダブルブル)に入ることです。ダーツマシーンによって違いますが、基本的にインナーブルは黒ですので、名前の由来が色からきています。アワードのひとつです。

スリーインザベッド・・・1ラウンドで3本とも同じナンバーのトリプルかダブルに入ることです。アワードのひとつです。

スロー・・・名前の通りダーツを投げることです。

スローイングライン・・・ダーツを投げる位置のことです。このラインより前に出てダーツを投げる事はできません。ソフトダーツではボードから244cm、ハードダーツでは237cmの距離にスローイングラインが引かれています。

Line


ダーツの用語集



気になる記事たち

ダーツ用語(タ)2
タングステンダーツ・・・タングステンとニッケルの合金でできたバレルのことをいいます。タングステンは数ある金属の中でも比重が重く、細くて重量感のある.....

ダーツ用語(マ)(ヤ)
マーク・・・クリケットゲームなどでターゲットのナンバーに入れることをいいます。1マーク、2マークなどと入ったマーク.....

ダーツとは
ダーツに必要な道具は、ダーツ3本!!!たったこれだけです。自宅で練習したい!そんな時でも、必要なのはダーツボードと.....

ダーツの道具
プレーするために必要なのはダーツ3本だけです。ビリヤードや、ボーリングと同じようにお店には「ハウスダーツ」と呼ばれる、誰でも投げられる.....

ダーツ用語(ア)1
アウターブル・・・シングルブルとも呼ばれますが、ダーツボードの中心にある二重の円(ブル)の外側の部分で、ソフトダーツではゲームの種類にもよりますが基本的に.....

Copyright © 2007-2011 ダーツ@0から入門!趣味のダーツ・・・ダーツの遊び方、楽しみ、マナー、いろいろ. All rights reserved