Line

ダーツのマナー2


ダーツは、人と人とのコミュニケーションを深めるための遊びであり立派なスポーツですから、最低限のマナーを守って、コミュニケーションツールとして活用してください。

・「他人のダーツを無断で使用しない」 マイダーツを勝手に投げられたりするのは、あまり気分のいいことではないです。どうしても借りて投げてみたい場合は一言断りましょう。快く貸してくれるはずです。このようなささいな事でもコミュニケーションが大事です。


・「空投げばかりしない」 空投げとは、お金を入れずに行う練習スローの事を言いますが、ゲームの前に数スロー行うのが基本で、空投げばかりするのはマナー違反です。うまくなりたくて、練習するのはわかりますが、お金を入れて集中してゲームをしたほうがうまくなります。空投げでは思い通りのスローができるのにゲームになるとダメになる!という方は空投げを控えて、ゲームに集中する事をお勧めします。


・「礼に始まり、礼に終わる」 まったく知らない人でも、「お願いします」と言えば対戦したり、遊んだりできるのがダーツの魅力でもあります。だからこそゲームの始めと終わりには挨拶をするのが基本です。それは慣れ親しんだ人でも同じで、ゲームの前に「お願いします」ゲームが終わって「ありがとうございました」と軽い挨拶で構いません。たったこれだけでも、立派なコミュニケーションとなり、一度対戦した人に再会した時にも話しかけやすくなります。挨拶はダーツの本当にいい部分ですので、ぜひ行ってください。いいゲームをしたときには終わった後に握手を交わしたりすると、バッチリです。

Line


ダーツの入門知識



気になる記事たち

ダーツ用語(カ)1
カウントアップ・・・ボードに刺さった得点を加算していき、8ラウンドの合計得点を競うゲームです。もっともベーシックな.....

ダーツ用語(サ)2
セパレートブル・・・01(ゼロワン)ゲームなどで、ハンデもしくは難易度を上げるなどでブルをインナーブル(50点)とアウターブル(25点.....

ダーツ用語(ナ)
「ナイスアレンジ」・・・01(ゼロワン)ゲームなどで、上手くいったときの掛声をいいます。「ナイアレ」と略して言ったりします。「ナイスカウント」・・・いい得.....

ダーツ用語(ラ)
ラウンド・・・ゲームの単位のことをいいます。基本的には3本投げると1ラウンドです。対戦の場合ラウンドごとにプレーヤーが変.....

ダーツの歴史
イギリスの百年戦争(1337~1453)の時に、英国兵士たちが弓矢の腕を競いあったものが近代ダーツの起源になったと言われ.....

Copyright © 2007-2011 ダーツ@0から入門!趣味のダーツ・・・ダーツの遊び方、楽しみ、マナー、いろいろ. All rights reserved