Line

ダーツの歴史


イギリスの百年戦争(1337~1453)の時に、英国兵士たちが弓矢の腕を競いあったものが近代ダーツの起源になったと言われています。

当時のダーツボードは厚めに切った木が使われており、その木の年輪が現在のダーツボードのデザインになったと言われています。


終戦を期に武器であった弓矢から、現在のように素手で投げる競技へと進化を遂げ、1900年代、世界的に大きなターニングポイントが訪れます。


英国ヨークシャー州でのフット・アナキン判決というものです。


当時のイギリスでは「運」に左右されるようなものは、「スポーツ」ではない!と言う動きがあり、パブオーナーであったフット・アナキンは判事の目前で3本のダーツを見事にダブルブルに命中させ、以来ダーツは「運」に左右されるものではなく立派な「スポーツ」であるとの認識が進み世界へスポーツゲームとして広がっていきました。


現在ではソフトティップダーツが主流で、誰でも簡単にダーツをプレーすることができます。

Line


ダーツの入門知識



気になる記事たち

ダーツのマナー
どんなスポーツにもルールがありマナーあるように、ダーツにもルール、マナーがあります。しかしダーツは楽しむものですから、堅苦しくならないよう、.....

ダーツ用語(ア)2
8(エイト)カウント・・・クリケットゲームで1ラウンド中に8マークすることをいいます。エ二ィアウト・・・0.....

ダーツ用語(サ)1
サンドバッキング・・・トーナメントや大会などで真の実力よりも低いレーティングを提出する行為で、参加資格はく奪などの対象になりま.....

ダーツ用語(タ)2
タングステンダーツ・・・タングステンとニッケルの合金でできたバレルのことをいいます。タングステンは数ある金属の中でも比重が重く、細くて重量感のある.....

ダーツ用語(マ)(ヤ)
マーク・・・クリケットゲームなどでターゲットのナンバーに入れることをいいます。1マーク、2マークなどと入ったマーク.....

Copyright © 2007-2011 ダーツ@0から入門!趣味のダーツ・・・ダーツの遊び方、楽しみ、マナー、いろいろ. All rights reserved